★今まで行なった公演の記録です。

 3    第3回公演 『カチンコ17%』(2000.9)
 
2000/9/27(水)〜10/1(日)  at:下北沢 OFF・OFFシアター
 
●高校時代の同級生、しかも同じ部活の仲間が、それぞれ違う道を歩んだ後で一緒に会社を作ったら…。
―――そんな発想から生まれた作品です。
 
●榎本は、住んでいるマンションの下の階の一室で、高校時代の映画研究会仲間と小さな広告代理店をやっています。
 規模は小さいですが、地元の商店街と築いた絆で、仕事もそこそこ順調。そして、昔から密かに好きだった小枝子と同じ職場なのも魅力でした。
 そんなある日、偶然のきっかけで大手量販店からの仕事が受注できそうになります。規模拡大を狙う村越は大賛成ですが、榎本は複雑な心境でした。
 その量販店はこの地区への進出を計画中で、地元商店街は反対運動をしていたからです。しかし一方、憧れの小枝子は大きなチャンスに意欲満々の様子です。
 それぞれの思いを抱いた中、この仕事を受けるか否かの会議が始まるのですが…。
 
★キャスト
 
榎本勘九郎 (企画。映研時代は、シナリオ)………………………………古山憲太郎
米森小枝子 (企画。映研時代は、音声)……………………………………植木智美
野崎幸治 (渉外。映研時代は、監督)………………………………………ウチダヒロヨシ
近石麻実 (経理。大学で米森の後輩)………………………………………彦野恵里
村越安則 (営業。映研時代は、俳優)………………………………………石崎和也
瀬戸口孝之 (営業。大学で村越の後輩)……………………………………秋山純也
須田かなえ (タレント事務所マネージャー)…………………………………大門康子
二本松茂男(若手落語家)……………………………………………………梅崎信一
本間 新(大学生。小枝子の弟。)…………………………………………高比良太一郎
姫野徹也(大手商社社員。映研時代は、制作)……………………………石戸 良
 
 
 
★スタッフ
 
舞台美術=松浦孝行
音響=加藤 温
照明=千田 実
宣伝美術=都丸英一
演出助手=村上和彦
舞台監督=有山智規
 
脚本・演出=校倉 元    
 
協力=池田真紀子/市川美幸/井原雄人/上川真由美/小林亜希子/小林廣子/田中絵里子/内藤由香理/西廣 奏/林 朋子/山村瑠美/若林鉄太郎
 
制作=冗談会議
 
 
 
 

 4    第4回公演 『眺める人』(2001.5)
 
2001/5/23(水)〜5/27(日)  at:下北沢 OFF・OFFシアター
 
●平日の午前中に、山の展望台とかに来てる人達って、ちょっとワケアリかもって想像しちゃいます。
―――そんな人々のそれぞれの事情をスケッチしてみたいと思って作りました。
 
●猪瀬は、仕事にも私生活にも疲れ果て、会社を辞めてアパートも解約し、ぶらり汽車に乗ってあてのない旅に出ました。そして、都心からそう遠くない山の展望台にやってきます。
 そこには、彼以外にも何人かがリラックスしにやって来ます。そして、なんとなく言葉を交わすうちにお互い少し親しくなっていきます。
 牧村は、元気に振舞っていますが、実は大変な借金を負って返済に窮していました。そんな時、植物調査に来ていた香織が、偶然土の中から大きな古い鞄を発見。情報通の田之倉は、つい先日近くで盗難事件があったことから鞄の中身を大金と推理。
 牧村は、じっとしていられず早速掘り出しに行くのでしたが…。
 
 
★キャスト
 
猪瀬慎平 (元アパレルメーカー社長)………………京極 圭(東京ヴォードヴィルショー)
剣持 渡 (売店店主)…………………………………校倉 元
坂崎祐一郎 (飲料会社社員)………………………古山憲太郎
田之倉義隆 (個人タクシー運転手)…………………ウチダヒロヨシ
布川将太 (大学生)…………………………………阿部英貴(東京ヴォードヴィルショー)
深町みどり (作家志望のフリーター)………………今井千恵(ONEOR8)
牧村恵介 (健康食品訪問販売員)…………………後藤泰文(ファインベリー)
望月香織(大学研究所員)……………………………なかがわあけみ
依田智香子(売店のアルバイト)……………………大門康子
 
★スタッフ
 
舞台美術=松浦孝行
音響=加藤 温
照明=千田 実
宣伝美術=都丸英一
舞台監督=西廣 奏
 
脚本・演出=校倉 元   
 
協力=オフィス・ボードビル/ONEOR8/ファインベリー/秋山純也/井原雄人/小林亜希子/小林廣子/四方智子/田中絵里子/寺田史華/成瀬 功/林 朋子/村上和彦/若林鉄太郎/渡部真由美
 
制作=冗談会議
 
 
 
 
 



| Prev | Index | Next |




zazenbeatmaster@yahoo.co.jpメールはこちらまで。